真空管アンプがレトロで人気になっている。
真空管アンプの本も 雑誌から ムック本が発売され人気になっている。
ムック本は自作派のための回路図など、
付録の付いている雑誌ステレオのムック本が人気になっている。

真空管アンプの本


アマゾンの真空管アンプの本
 

楽天ブックスの真空管アンプ

2013年9月発刊の「作って楽しむ真空管オーディオアンプ」は、回路図にカラー実体配線図が付いていてわかりやすい。
今話題の真空管や部品のショップ一覧表で、真空管アンプの現状が良くわかります。
真空管組み立てキットの紹介もあります。
真空管アンプに永らくご無沙汰だった人は、この一冊でリハビリできます。

MJ無線と実験編集部 では、改定版でしょうか 2019年03月
カラー実体配線図で作る真空管アンプ 自作で楽しむHi-Fiオーディオ を発売しています。

さらに続編 カラー実体配線図で作る真空管アンプ2 自作で楽しむHi-Fiオーディオが2020年03月発売されます。

雑誌ステレオの付録が人気

付録の付いている雑誌ステレオのムック本が人気になった。

アマゾンのSTEREOのムック本一覧 
には、真空管アンプとは限らずに音に関する多くの付録付きのムック本が有る。

特別付録:ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットは2018/12/19発売のアマゾンベストセラー

朗音!真空管アンプの愉悦: 特別付録:ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット (ONTOMO MOOK)

特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キットは2018/5/19発売

快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

雑誌「ステレオ」の真空管アンプの特集はムック本に

雑誌「ステレオ」では毎年のように真空管アンプの特集をしてました。

毎年10月号は真空管アンプ特集だった雑誌ステレオが、ムック本で勝負です。
一冊まるごと真空管アンプ読本

アンプ選びの参考に、真空管アンプの最新モデル網羅の「最新モデル、大量一斉試聴!」
真空管の名前が全面的に出てくる真空管アンプも、これで十分「12AU7からKT88まで、真空管オールガイド」
など興味深い記事満載。

真空管アンプのブーム再来の今タイムリーにムック本が出版されています。

このハイテクな時代の真空管アンプ?
真空管アンプって今どうなっているの?

疑問に手っ取り早く答える真空管アンプの現状の網羅版。
一読するとあら不思議、昔と今が結びついた、 となるような記事が一杯です。

真空管アンプの雑誌

真空管アンプに関する本や雑誌には、どんなものが有るのでしょう。
オーディオ関連の雑誌は多数有りますが、その中で真空管アンプを多く取り扱っている雑誌をピックアップしてみました。

ラジオ技術  月刊

オーディオとビデオの最新技術の探究誌のラジオ技術は、真空管アンプの取り扱いが一番多い雑誌と思います。


ラジオ技術 2020年3月号

アマゾンには、過去のラジオ技術もたくさん揃えてありました。
アマゾンのラジオ技術 一覧

懐かしい並三に同調アイを付けた自作ラジオが雑誌の表紙になっていました。

ラジオ技術 2014年 11月号 [雑誌]

MJ無線と実験  月刊  
戦前から有った「無線と実験」は、自作派を中心とした高級オーディオの専門誌 です。


MJ無線と実験 2020年 3月号 [雑誌]

アマゾンも楽天も電子書籍版も発行しています。
楽天ブックスの 無線と実験 一覧

月刊誌以外も発行しています。

リスニングルーム探訪: オーディオファンの夢を実現した部屋、厳選40室


カラー実体配線図で作る真空管アンプ2: 自作で楽しむHi-Fiオーディオ

管球王国  季刊
ステレオサウンド の 管球王国はオーディオの原点を徹底探求!最新の真空管アンプとヴィンテージ・オーディオの音の魅力を探る。

analog(アナログ)  季刊
アナログ機器、管球アンプ、スピーカーといった、オーディオ機器を中心にしたニュースタイルなオーディオ&ライフスタイルマガジン。