2018年のステレオにはラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットが付録についたムック本
2018/12/19発売が人気になっていて、ほとんどの書店で売り切れた。

ベストセラーになっているアマゾンでは朗音!真空管アンプの愉悦などのラックスマン製付録のムック本は既にプレミア付きで販売されている

朗音!真空管アンプの愉悦: 特別付録:ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット (ONTOMO MOOK)

新品価格
¥26,800から
(2019/4/28 18:00時点)

楽天ブックスの朗音!真空管アンプの愉悦 も売り切れたようです。

ヤフーショッピングでの販売店はプレミア付きが多く販売されている。


ヤフーショッピングの 朗音!真空管アンプの愉悦 一覧


ヤフーショッピングの真空管アンプの愉悦 データ取得日時: 2019-07-19 02:52:57 GMT

Webサービス by Yahoo! JAPAN 

セブンネットショッピングでも販売していたが既に絶版販売未定となっている。
朗音!真空管アンプの愉悦 Vacuum Tube Sound vol.2

ステレオは5月にもラックスマンが付録になったムック本を発売している。
2018/5/19発売の快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット

快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

新品価格
¥37,000から
(2019/4/28 18:01時点)

ラックスマン真空管アンプ

2018年11月発売の 真空管プリメインアンプ SQ-N150 / CDプレーヤー D-N150 は Neo Classico シリーズが11年ぶりの第2弾

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LUXMAN ラックスマン 真空管プリメインアンプ SQ-N150 新品
価格:208072円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)

雑誌でも紹介されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

stereo (ステレオ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)

昔と同じ洗練されたデザインのラックスマン、「LUXMAN真空管式プリメインアンプ LX32u」
木箱ケース入りの復刻シリーズとして2モデル目( 2008年に登場した「SQ38u(生産終了)」に次ぐもの)
2013年発売のラックスマン真空管アンプlx-32uも生産終了。

2016年木箱ケース入りの復刻シリーズの最新世代のモデルLX-380が発売になりました。

最新世代の真空管“38”シリーズ発売を記念した、シャンペンゴールド意匠の50台限定生産モデルのLX-380Gが2016.12.28にリリースされています。


真空管プリメインアンプ LUXMAN/ラックスマン LX-380G 限定品

2017.09.28にリリースの 真空管コントロールアンプ CL-38uC / 真空管パワーアンプ MQ-88uCは11月下旬発売
それぞれCL-38u、MQ-88uのカスタム版として7年ぶりに新発売されています。


LUXMAN (ラックスマン) 真空管コントロールアンプ CL-38uC



LUXMAN (ラックスマン) 真空管ステレオパワーアンプ MQ-88uC

昭和レトロに浸るには、復刻版。

LUXMANの最上位真空管アンプの真空管パワーアンプのMQ-88uは1969年発表のMQ-60の復刻版。

真空管コントロールアンプ(プリアンプ)のCL-38uは1970年発表のCL-35をイメージした復刻版です。

1984年に発売された真空管モノラルパワーアンプMB-300 の復刻版のLUXMAN(ラックスマン)MQ-300【真空管パワーアンプ】は、31年ぶりとなる300B搭載で登場しています。

アマゾンのラックスマン真空管アンプ一覧

ヤフーショッピングのラックスマン真空管アンプ一覧

楽天のラックスマン真空管アンプの販売状況は、


 データ取得日時: 2019-07-19 02:52:57 GMT


楽天ウェブサービスセンター

アナログレコードがブームになっています。

アナログレコード再生には、真空管式のフォノイコライザーアンプEQ-500 が発売されています。

フォノイコライザーアンプの最新モデルE-250は半導体フォノイコライザーアンプです。

30年前に使っていた、luxman真空管式プリメインアンプは確か SQ38FD と言った。
レコードプレーヤーのレコード針は数万円のオルトフォン だったか。
タンノイのスピーカーは家庭で聴くには、静かでもってこいだった。

LX32uのデザインを見て、昔のラックスマン真空管アンプと余りに似ているのに驚いた。

ラックスマンにはLX38とかSQ38U とか、似た名前で似たデザインの真空管式プリメインアンプが、中古などでまだ販売されている。
管球式コントロールアンプ CL-40の中古が販売されていた、1983年当時で330,000円の定価だった。

38シリーズの主な発売開始年は、

1963年 SQ38
1964年 SQ38D
1968年 SQ38F
1970年 SQ38FD
1974年 SQ38FDII
1978年 LX38
1983年 LX38u

(1995年 SQ-38s  デザインが違う
(1998年 SQ-38D デザインが違う

2008年 SQ-38u     38デザイン復刻版
2013年 lx-32u
2016年 LX-380

私がボーナスをはたいて買ったのは、SQ38FDIIの時期で垂涎の的だった。
ラックスマンの真空管式プリメインの全盛期だった。