やさしい音質、ほのぼのと灯る明かり、真空管アンプは疲れた心に安らぎを与えてくれます。

真空管アンプと一口に言ってもピンからキリまで。
ピンの一品は、オーディオユニオン楽天市場店 の 「OCTAVEの真空管アンプ」

「昭和のかおりの真空管アンプ」へようこそ

昔オーディオマニアだった人たちの復帰を願って、懐かしい真空管アンプの今をお届けします

数十年前のオーディオブーム時代、ラジオやテレビ、アマチュア無線の自作派少年は、美しい音色を求めて真空管アンプを自作していました。

トランジスターからICとどんどん小型で安くて性能が良いものが開発されました。
真空管アンプは、オーディオの世界でも時代遅れのアナログ機器と看做されるようになりました。

落ち着いた社会になり、データとしての性能よりも、心に響く機器が見直され、又、真空管アンプがブームになってきています。

昔オーディオマニアだった自作派少年も定年を迎え、昔の音が懐かしくなってきました。

四十年のギャップは、産業構造を変え、懐かしい真空管も有るのかどうかもわかりません。

そんな昔の自作派少年の為の、真空管アンプの完全自作のガイド本もいろいろ出ています。

もう作る気もないわと言う人や、手慣らしにと言う人の為に手頃な真空管アンプキットも多数出るようになりました。

ビンテージの音を求めてブランド派の為の真空管アンプも多く出るようになりました。

真空管アンプのブランドとして
ラックスマン真空管アンプ
上杉研究所の真空管アンプ
真空管アンプキットのブランドとして
エレキットの真空管アンプキット
トライオードの真空管アンプキット

の最新販売情報のページを作っています。

話題のハイレゾ対応の真空管アンプやポータブル型ヘッドフォンアンプなども紹介しています。

このコーナーでは真空管アンプについてのみ扱っていますが、
関連ページでは、真空管ラジオや、レコードプレーヤーについてのページも作っています。